mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
今後の銀行株 KTBなど
2006.01.17 Tuesday 00:27
10日のニュースでしたが

経営破たんした商業銀行救済のために
資金注入を行ったタイ中央銀行の金融機関再建開発基金FIDF
Financial Institutions Development Fund は
商業銀行の保有株を年内に売却すると発表
タイ株の経済上昇と 株価上昇を受け 適切な時期と判断。

FIDFは株式売却後には残務処理をしてから 来年の末までには解散する方向。
FIDFは クルンタイ銀行株(56.4%) 
      サイアムシティ銀行株(47.6%)
      バンクタイ株 (49%) 


UOBラタナシンと スタンダードチャード銀行など
の株式も保有していたのだが
昨年度に全保有株をUOB に売却している

FIDFは97年通貨危機によって金融不安が高まり
預金者 債権者の保護 破綻した金融機関の接収を目的として
設立された。

この記事も今後を占う上で重要だと思います。
今までかい支えていたFDIFが保有していた株が市場に出ますので
銀行株の流通が多くなることが予想されます。




| TOSHIYUKI ABE | 「KTB」クルンタイ銀行 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
コメント
2006/01/18 11:44 PM posted by: butanabe
日本ではホリエモンショックで大変なことになってます。
僕も100万近くやられました。
今後は日本株を少しずつ、タイ株にシフトするつもりですが、情報って本当に大切だなと痛感します。
2006/01/18 11:59 PM posted by: ABE
Butanabeさん
有難うございます。
そうですねー売り抜けちゃった人もいるんでしょうね。

こちらの国でも今急速に金利が上がってます。
かなり急激に上げてますので少々懸念材料です。
しかし国自体の基盤は97年当時と比較すればかなり
良いそうです。

>すいません小冊子送付もうすぐお送りします。
お名前:
E-メール:
URL:
コメント:
トラックバック
http://toatoa.jugem.jp/trackback/284
2006/01/18 10:15 AM posted by: 生真面目経理マンの投資裏話
企業が苦しい時こそ企業は多く資金が必要です。 しかしながら企業が苦しい時ほど株価は安く、企業は資金調達に苦慮します。 研究成果がいつ出るか分からない研究をし続ける研究員や、その研究を評価しつづけるリーダーは正直言ってきついはずです。 その企業が将来
2006/01/18 3:26 PM posted by: 金利収入で海外生活
今はタイ株はやっていませんが、投資収入だけでのタイロングステイを目指しています。今後も時々訪問させていただきますのでよろしくお願いします。 当方のブログにリンクさせて頂きました。迷惑であれば連絡お願います。削除します。