mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
インドのデリーでの自動車に関して。
2011.03.21 Monday 23:42

●インドの自動車産業に関して。


インドのデリー市内でよく見かける車種は
やはりマルチ・スズキ。そしてヒュンダイでした。

タタ自動車も良く見かけたが
トヨタ、日産、ホンダよりも上記
2車ブランドがデリー市内では活躍していました。

将来的には、
インドが中国を抜いて最大の市場となる可能性もあります。

インドの年間自動車販売台数は
2009年度248万台(094月〜103月期)と、
中国の1350万台(09112月)と比べて5分の1以下ですが、
今後人口ベースで
中国を追い抜く可能性も高く、
自動車産業でナンバー
1の販売国となる可能性もあります。



出典: SIAM(インド自動車工業会)

1位 マルチ・ウドヨグ−スズキ → マルチ・スズキ(MSIL) 40.5

2位 タタ・モーターズ                  20.0

3位 ヒュンダイ                     14.0% 

4位 GM                                                  3.2

5位 ホンダ・シエル・カーズ・インディア (HSCI)      3.1

6位 トヨタ・キルロスカ・モーター (TKM)          2.5% 


 

●デリー中心部では渋滞も激しい。クラクションが鳴りっぱなし。うるさい。

●まだ工事中箇所が多く、デコボコ道が多い。

●ナノはほとんどまだ売れておらず(生産工場で買収失敗、ストなど)ようやく1台を写真に収めることが出来た。

●ほとんどが小型車。高級車もBMWかベンツがちらほらと見かける程度で

 常にバンコクで見かけるレベルとは程遠い。










| TOSHIYUKI ABE | 新興国の各国 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トラックバック
http://toatoa.jugem.jp/trackback/2230