mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
ようやく少し回復したタイ株市場
2008.06.21 Saturday 02:11
20日タイ証券取引所では午前中は軟調だったものの、
後半に大幅反発して、およそ5カ月ぶりの大幅上昇を記録しています。

20日の午後、タイの首相府前でのPDAを中心とした反政府集会で
警官隊とデモ隊は軽いケガ人が出た程度で
大規模な鎮圧は行われなかったことで、タイの投資家の安心度が
増加したかたちです。

SET総合指数は768.90ポイントで +26.44ポイントの上昇
+3.56%の上昇。 768.90ポイントの最高値でした。
タイオイル(TOP)が決算前に大きく伸びています。

PTT 308.00バーツ +16.00バーツ (+5.48%)
PTTEP 176.00バーツ +7.00バーツ   (+4.14%)
TOP 57.00バーツ +7.00バーツ (+14.00%)
SCB 79.50バーツ +3.50バーツ (+4.61%)
KBANK 72.00バーツ +3.50バーツ (+5.11%)

今回の土日のGLAセミナーでは
タイの政治の面に関してバンコクの勉強会でも得たものを
話していく予定です!

| TOSHIYUKI ABE | 「SCB」サイアム商業銀 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
2008/06/22 12:46 AM posted by: Luk
こんばんは。 最近タイの情勢にごぶさたしていましたが、日本のメディアでも反政府デモの様子が報じられるようになり、久しぶりにウォッチしはじめてみました。
一般メディアが好んで想定したがる「政情不安/欧米のサブプライム問題 → 外資の流出 → バーツ安」という図式はちょっと違うと思うのですが、いま若干バーツが弱含んでいるのはなぜだかおわかりでしょうか。
インフレが進んでいるのはわかりましたが、実際のところタイの国際収支はどうなっていますでしょうか。
2008/06/24 9:57 AM posted by: こるへい
クーデターの可能性についてお聞かせください。
2008/07/07 9:08 PM posted by:
Lukさん、こるへいさん
コメントありがとうございます。

さてクーデターですがまだそれほど緊張している形ではないと考えます。理由はメルマガでも。

タイの国際収支ですが
2008年の第1四半期のタイの経済成長率は6.0%と言う数字で
2007年第4四半期の5.7%
2007年通期の経済成長率4.8%を上回っています。

今回は特に工業部門での成長がいちじるしく、9.7%の成長で
2007年度通期の5.7%を大きく上回っています。
高い工業製品の輸出の伸びもあって、自動車や電子部品セクターでの成長が
貢献しました。石油化学製品、バイク、HDD、エアコンなどの
製品が成長しました。

ただし、高い輸出の伸びとともに
急激に伸びた輸入増大の結果、第1四半期
経常収支と貿易収支の額は前年より黒字幅が減少しています。
お名前:
E-メール:
URL:
コメント:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。