mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
プレシャスショッピング(PSL)
2008.05.24 Saturday 17:25
プレシャスシッピング(PSL)は
タイ国内で資本金の規模で第1位の海運業者になります。
本社はノースサトーン通りのバンクタイ(BT)社ビルのすぐ近く。

不定期貨物船(中心は乾燥穀物、鉱石、化学肥料)の輸送を行います。

2005年時点で51隻の貨物船 並びに1隻のセメント
運搬船を保有しています。

タイ国内の海運企業は各企業とも配当率が高いのが特徴です。

タイの海運業では
外資系(日本郵船などの日系海運会社・マースクなどの欧州系海運会社)
の市場シェアが高いことも特徴として挙げられます。

1993年にタイ証券取引所に上場しています。

| TOSHIYUKI ABE | 「PSL」プレシャスシッ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第1回目タイ国の海運大手プレシャス・シッピング
2007.06.05 Tuesday 01:30
タイ国の海運大手プレシャス・シッピングを訪問してきました。
こちらは2006年度フォーブスのアジアの優良中小企業2000にも選ばれた企業です。
サートン通りにあるプレシャスシッピングはインド系の会社で、乾燥船を扱います。

海運と言ってもいろいろありまして
まず海運業はドライトレード(人やモノを運ぶ)とタンカートレード
(化学品・天然ガス・原油)に分かれます。
ドライトレードには旅客(人を運ぶ)貨物(物を運ぶ)がありまして
プレシャスシッピングが業務としているのはこの
貨物でもドライカーゴ(Dry Cargo)乾燥貨物、固型貨物を扱います。

海運の中で大量に輸送されるばら積み貨物(バルクカーゴ)のうち、
乾貨物(ドライカーゴ)を運ぶ船があります。ばら積み船または
バルクキャリアー、バルカーと呼ばれる船です。

このバラ積み船には大きさによって色々な分類があります。
ケープサイズ   載貨重量トン(D/W)8万トン以上
パナマックス   載貨重量トン(D/W)5〜8万トン
ハンディマックス  載貨重量トン(D/W)3〜5万トン
ハンディサイズ   載貨重量トン(D/W)3万トン以下
特にPSL:プレシャスシッピングではハンディサイズ(またはスモールハンディ)
と言う船舶を扱います。この事業に集中しているとも言ってました。

さて事前に勉強をしてインタビューに臨みましたが
わたくしのつたない英語にも関わらず
Mr.Khalid氏は大変紳士的なかたでした。



こちら写真です。
| TOSHIYUKI ABE | 「PSL」プレシャスシッ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
企業訪問してきました。(PSL)(KTC)(KBANK)
2007.05.25 Friday 18:03
タイ株が人気が少しずつ出てきまして、
書籍を出版した身としてはたいへん嬉しく思います。
(ご購入いただいた皆様ありがとうございました!)

ただ、やはりまだ政治的に安定していないので
大きくガツンと投資するのはもう少し控えたほうがいいのかもしれません。

今から準備をしておく、損しても良い額を投資するのは
お奨めできると思います。

さてやはり現地にいる身としての強さを活かすべく、
タイの上場企業を企業訪問をしてきました。
訪問してきた企業は
PSL(プレシャスシッピング社)
BECL(バンコクエキスプレスウェイ社)
KBANK(カシコーン銀行)
RRC(ラヨーンリファイナリー社)
KTC(クルンタイカード社)
まだまだ続きます。
年内に50社〜100社目標に企業訪問して来る予定です。

現地に住んでいて言葉の障害もないために
実際伺ってみるとリアルな情報が入手できるので貴重なインタビューでした。

| TOSHIYUKI ABE | 「PSL」プレシャスシッ | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
プレシャス・シッピング(PSL)その2
2006.12.24 Sunday 15:55
プレシャスシッピング(PSL)は
タイ国内で資本規模で第1位の海運業者になります。
インド系資本の海運企業です。

不定期貨物船(中心は乾燥穀物、鉱石、化学肥料など)の
輸送で2005年時点で51隻の貨物船 並びに1隻のセメント運搬船を保有しています。

2003年度から急激な成長を遂げてきました。
タイでは海運業において
大手3社ともに各企業とも配当率が高いのが特徴です。

タイの最大の貿易港
レムチャバン貿易港ではこれらの海運業者が商品受け渡し、
コンテナーの上げ下げを行っていますが
展望の塔から見渡すと壮観です。

しかもまだ未完成フェーズが残っているので
完成すれば世界上位クラスの貿易港の誕生になります。

海運業ではバルチックインデックスと呼ばれる世界的に
有名な海運業界の景気動向を示す指数があります。

これが2006年度から上昇していまして、
世界的に各海運業社ともに景気の良い状態が続いているのが現状です。

ただし、タイの海運業では中国経済に影響される割合が
強いそうです。今後の中国市場の景気動向にも注意しなければなりません。

| TOSHIYUKI ABE | 「PSL」プレシャスシッ | - | trackbacks(0) | pookmark |
<<戻る 1/1 ページ 次へ>>