mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
クルンタイカード(KTC)その2
2008.06.01 Sunday 15:44
クルンタイカード(KTC)はタイのクレジットカード
大手になります。
発行枚数で言うとシティバンクがトップになります。

KTCはクルンタイバンク (KTB) 系列。
タイの銀行第2位の国営クルンタイ銀行傘下で
カード利用加盟店はおよそ9000店舗。
カード会員はおよそ130万人(2006年末)。

メイン事業としてクレジットカード業務、
個人向け無担保融資、損害保険販売業務があります。
各支店はいずれもおしゃれな雰囲気で統一されていて、
BTSなどの各駅の近くに進出しています。様々な企業との提携をすることで、
カードの利用価値を高める方針を取っています。

キャッシュレスシステムの導入など今後システムや利便性を挙げていく方針です。

| TOSHIYUKI ABE | 「KTC」クルンタイカード | - | trackbacks(0) | pookmark |
クルンタイカード (KTC)その1
2008.05.14 Wednesday 17:59
クルンタイカード(KTC)はタイのカード事業の大手です。
クルンタイバンク (KTB) 系列になります。
タイの銀行第2位の国営クルンタイ銀行傘下でカード利用加盟店は
およそ9000店舗に上ります。

タイの消費者金融市場においてマーケットシェアを占めている企業で、
クレジットカード業務、個人向け無担保融資、
損害保険販売業務があります。

各支店はいずれもおしゃれな雰囲気で統一されていて
BTSなどの各駅の近くに進出しています。
様々な企業と提携をすることでカードの利用価値を高める方針です。
キャッシュレスシステムの導入など今後システムや利便性を挙げていく
方針も掲げています。

本社はスクンビット通りにあり、とてもデザインの豊かなオフィスです。

| TOSHIYUKI ABE | 「KTC」クルンタイカード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フィリップ証券香港セミナーInBANGKOK
2007.09.13 Thursday 06:25
フィリップ証券香港さんでバンコク資産運用セミナーを開催するそうです。

9月29日(土)13:00〜・ 15:30〜
テーマ:「少ない労力で増やす資産運用」
講師:フィリップ証券スタッフ
会場:ノボテル・ロータス・ホテル (Accor Novotel Lotus Bangkok)
住所: 1 Soi Daeng Udom, Sukhumvit 33, Bangkok
電話番号:(66 2) 261 0111
定員:各25名(先着順)   費用:無料

セミナー参加申し込み方法は、
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P70605877
の申し込みフォームよりお申し込み下さい。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ここまで。
ノボテル・ホテルはクルンタイカード(KTC)本社の向かいになります。

ちなみに僕も参加します。
| TOSHIYUKI ABE | 「KTC」クルンタイカード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クルンタイカード(KTC)紹介される。
2007.06.21 Thursday 01:51
日本でテレビ東京:ワールドサテライトにて5分ほどでしたが
タイのクレジットカード大手のクルンタイカードが
紹介されてましたね。
短い時間でしたがタイのクレジットや金融のことを触れていました。

しかし放送の大会社を恐れず疑問点を挙げると・・・。
1 カード業界第3位とあったのですが
  何を持って3位なのか・・。
  会員数なのか、時価総額なのか、資本金なのか、売上なのか・・
  先月訪問インタビューした際に
  消費者金融カードとは線引きして欲しいと言ってた(と言うかまったく違うと
  述べてた)ので、
  KTCは地場カード企業では最大手の企業です。(のはずです。)

2 家庭訪問の取材でもタイ語の訳し方も総意は合っているものの、
  意味の取り方が間違っていました。

3 タイの多くの人がカードを持てないという言い方をしてましたが、
  バンコクに限っていうとまったくそんなことはないです。
  1万5千バーツって言う給与は確かに高いですが、
  それでも大卒初任給が1万バーツくらいになってきたので、
  これを考えるとわずかな富裕層しか持てないと言う報道の仕方は
  ちょっと変ですね。

もうちょっとしたら
ブログの読者限定でKTCのファイルくらいなら無料で配布でも
良いと考えています。
それ以上のファイルや教材を会員の方に提供していく方向ですので。

もっともっとタイの経済の正確な情報をお届けしなければ!
と思った次第です。

ちなみにあの綺麗なオフィスはどこにあるのかと言うと
バンコクにお住まいの方はお分かりと思いますが、
スクンビットの33のパクソイのビルがKTCの本社です。
| TOSHIYUKI ABE | 「KTC」クルンタイカード | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
JCBとKTCの提携発表について
2006.03.15 Wednesday 23:34
JCBの海外子会社のJCB Internationalは
タイ国内カード会社最大手の Krung Thai Card (KTC)と提携を発表しています。
カード発行業務、加盟店業務ライセンス契約などを
締結します。

KTCは1996年度から営業開始し
カード会員数は現在で120万人を抱えます。
中高所得者層を中心にターゲットを絞っていて
タイのカード業界大手になります。

JCBはこの他にもSiam Commercial Bank (SCB)、
イオンタナシンサップ(AEONTS)とも発行業務ライセンスを供与している
そうです。

| TOSHIYUKI ABE | 「KTC」クルンタイカード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<<戻る 1/1 ページ 次へ>>