mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
インドの地下鉄デリーメトロ
2011.03.22 Tuesday 23:21

インフラ開発の2番目の成果は「地下鉄(デリーメトロ)」です。

●デリー・メトロ 地下鉄

デリー・メトロ(Delhi Metro, Delhi Mass Rapid Transit System (MRTS))は
インドの
デリー首都圏にある地下鉄網で
初乗り8ルピー〜30ルピーとなっています。
運行時間は午前
6時〜午後23時まで。また女性専用車両もありました。




2002
年〜2009年までの3路線から6路線に一気に増えている。(写真参照。)

レッドライン、ブルーラインが東西に伸び、
イエローラインが中心を南北に走ります。

バイオレットラインなどが東南部へ走り、
都心部を抜けると高架鉄道の方式へ
切り替わるようになっています。

しかしどの駅でもほとんどが完成となっておらず、
所々でセメントの袋や砂が山のように積んでありました。

綺麗に完成するのは少し先になりそうです。







| TOSHIYUKI ABE | 「ITD」イタリアンタイ | - | trackbacks(0) | pookmark |
TTCLの新規上場
2009.05.20 Wednesday 02:23
景気が悪くなった影響もあって
新規上場を狙う企業がかなり減ってしまいましたが
イタリアンタイ(ITD)と東洋エンジニアリングの合弁会社が
上場予定です。



TTCL: Toyo-Thai Corporation Public Company Limited
詳しくはこちらにも書かれています。

http://www.toyo-thai.com/

| TOSHIYUKI ABE | 「ITD」イタリアンタイ | - | trackbacks(0) | pookmark |
イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)
2008.07.24 Thursday 15:52
タイ最大手ゼネコンを御紹介します。

イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は
タイ国で最大のゼネコン業者となります。
タイとイタリアでの合弁として設立されました。

民間の大手総合建設会社でタイ政府からの
インフラの受注も多いのが特徴です。
代表的なものでも港、ダム、道路、鉄道、
パイプライン敷設、発電所など多数を手がけます。

台湾のスカイトレイン、ラオスのダム建設、ミャンマーの炭鉱、
フィリピンの橋梁建設事業、インドの高速道路、
など世界的な建設事業を手掛けます。

タイでは「イタルタイ」と発音する会社で
本社ビルはペップリー通りに巨大なビルを構えています。
(別会社でまたイタルタイもあります)

最近ではインドの地下鉄の受注を発表しています。
個人的には08年以降面白い企業だと思うのですが・・・・。

| TOSHIYUKI ABE | 「ITD」イタリアンタイ | - | trackbacks(0) | pookmark |
バンコクの郊外の開発に向けて(ITD関連含め)
2008.02.05 Tuesday 10:49
タイには7バーツで乗車できるオンボロバスがあるのですが、
これがもう何十年も走っているようなたいへん古いバスです。

まったく違う意味で

富士急ハイランドのドドンパよりもスリル満点だと思うのは

管理人だけでしょうか・・・。

運転手はタイの中でも随一で荒く、危険・・。

そしていつタイヤが外れるかもと思わせるようなガタガタ言いながら

猛スピードで走る古バス。


タイムボカンシリーズ「ヤッターマン」などなど

でロボが空中分解する3秒前くらいの感覚を味わえます。




無事降車できると、

「いやー良く生きて帰れた。平穏無事だった」

と言う安堵感も味わえます。

(なため、管理人もあまり乗りません・・。)


まったく安全の保証はできませんが、

こういうのもまだタイにはあるのだという

事例を取り上げました。

| TOSHIYUKI ABE | 「ITD」イタリアンタイ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インドと日本の動き。ITDなど含め
2008.01.06 Sunday 18:59
インド国内のインフラ整備に対して
経済支援を行なうことをインドと日本で額賀財務相が
4日に表明したニュースが出てました。

実はインドの地下鉄などの一部インフラなど
の建設事業はイタリアンタイ・デベロップメント「ITD」
などが請け負っていることからこの辺りも
面白くなる可能性があります。

日本とタイはEPA締結済みですが、
タイとインドもすでにアーリーハーベストを導入し、
貿易額が増加しています。
タイの電化製品などがインドへ向かっています。

ここで日本とインドもEPAへ向けて動きを加速させているようです。

2008年度は北京オリンピックです。
が、インドとASEANはおよそ3時間の距離。
  インドと中東も2〜3時間の距離。
  中東からの旅行者、企業もバンコクへ訪れています。

タイの経済成長に出遅れ感がありますが、
成長の流れは続くと感じます。

| TOSHIYUKI ABE | 「ITD」イタリアンタイ | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
<<戻る 1/1 ページ 次へ>>