mail_img.jpg
記事検索
 
タイ株データベース
プロフィール
     
アーカイブ
最新記事
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
リンク
Admin




View TOSHIYUKI ABE's profile on LinkedIn
メルマガ登録・解除
 『日本人の98%は
          知らないタイ株投資!』   
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

広告掲載希望はこちら
新しいトラックバック
著作一覧はこちら!
日本人が知らなかった
タイ株
タイ株でも銘柄解説と共にさらに詳細にまとめたタイ株式を徹底解説しています。

日本人が知らなかったタイ株
アマゾン総合ランク8位です!感謝です!
07年度より報道が多くなってきた新興国株。
その中でもまだほとんどの方が詳しく知らない「タイ株」を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編

御購入ありがとうございました!


07年8月口座開設入門編
07年度より報道が多くなってきた新興国株。 「タイ株」を扱う証券会社の口座開設の部分を徹底的に解説した本です。
タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版
タイビジネスマニュアル本
タイに企業進出される方、タイで働いてみたい方、海外でも注目を 浴びてきたタイの仕事をまとめたタイビジネスマニュアル本です!
だからタイビジネスはやめられない!
海外投資の同士が集まるSNS
海外投資を行う人々がすでに5000人以上。
情報交換、オフ会、意見交換など いろいろなコミュがあります。

スポンサードリンク

タイ株「アジア株」海外投資 をFaceBookで いいね!

携帯用QRコード
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
原発問題から海外進出まで
2011.03.27 Sunday 00:37
日本の国内リスクが改めて今回浮き彫りになったことで
海外への関心度も高まっているようです。

弊社にも問い合わせで、
海外への進出、海外への企業調査が増えています。

ただし、調べていく項目はたくさんあり、
陸続きで同じように見える東南アジアでも
ベトナム、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマーはまったく違います。

当然海を越えてフィリピン、インドネシアも異なります。

タイと国境を接しているマレーシアも
イスラム金融が発達しており、金融分野での強みも違います。



まだまだ原発問題でゆれる日本ですが
そろそろ
本格的な危機意識を持ちながら、あらゆる日本人が
海外のマーケットを見て、聞いて、体験する時代が来ている気がします。



| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
日本の資産構成
2011.01.12 Wednesday 18:27
2010年1年間に死亡した人は戦後最も多くなり、
日本の人口が前の年より12万3000人減り、
過去去最大の減少幅となったことが分かりました。

完全なる人口減少社会の日本ですが、
大きく資産を持っている層が60歳以上と言うのが、
消費拡大へ走れない原因の一つとなっています。

「日本国内年齢別資産状況」
http://www5.cao.go.jp/keizai2/2006/0621kourei/honbun1.pdf

出所)「団塊マネーの追跡、高齢者貯蓄の行方」第一生命経済研究所Financial Trends(2005 年 7 月5日) 
注)日本銀行「資金循環勘定」、総務省「家計調査」などから第一生命経済研究所による推計


ここでは2004年と少し古いですが、
高齢者の金融資産の有効活用及び社会的責任投資等への 
資金流入の可能性に関する調査 ―報告書− 

が掲載されています。(10ページ目ですね。)

またグラフ化してみるとこんな感じです。



また
「人口減少」        → 「マーケットの縮小」
「資産保有者の高齢化」 → 「消費活動の停滞継続」

この二つは大きく関連していて
日本経済の改革が進まないまま20年が経過しています。

1月末に都内で講演です。1月24日(月)29日(土)。

ご質問や講演をご希望される方はこちらまで。




| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
松田さんの新刊が出版されました。
2010.10.29 Friday 02:55
『タイで勝つ!直感力こそ成功のカギ』と言う書籍が出版されています。
本を書くことは本当に大変なのに
松田さんの行動力にはいつも敬服させられます。



また
先日 NHKスペシャルにて灼熱のアジアと言うものを放映していました。
「こちらで最初の部分は見れるかもしれません。」

http://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-6013.html

http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=24244191&prgid=38980407

この中で、リコーの社長さんですら「アメリカ、日本を越え、世界No1の市場になる」
と断言しています。



そして松田さんからご紹介を受けた書籍の目次です。

『タイで勝つ!!』直感力こそ成功のカギ  松田 健 著
 B6判/284頁、日本での定価:1,470円(本体価格1,400円+税)
 発行は蟒轍蹴惺業通信社 ISBN978-4-88053-126-7 C2060
 ↓↓↓↓↓『タイで勝つ!! 直感力こそ成功のカギ』の見出しから↓↓↓↓↓↓↓
1章 《 変貌するタイの投資環境 》
▼タイでも存在感増す韓国企業
▼「タイ人より日本人の給与が安い」日系企業の現地化
▼中国に高精度部品を輸出するタイの中小企業の余裕
▼日本の斜陽産業はタイで生き残れるか
▼華人の協力得やすいタイ
▼タイの問題点は労働者不足と政情不安定
2章 《 日本を使って日本より豊かになるタイ 》
▼原野を日本の大手に人気の大工業団地に変えた男
▼日本の有名企業を買収したタイの自動車部品メーカー
▼世界を歩き直感経営力を磨く
▼『日本の品質、中国のコスト』で
▼タイが育てる日本の中小企業
▼一二〇〇件の日本食レストラン
3章 《 人脈と現地化で成功した日本企業 》
▼華人に会社を乗っ取られても再起した皮革メーカー
▼華僑系最大財閥CPと日本との架け橋
▼大手商社を脱サラして再生プラスチック業
▼タイで3次元設計、アニメづくりのIT事業
▼「ローカルのコストよりも安くして生き残る」
▼日本人にだまされ、華僑に救われる





| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
フィリピンに関する書籍が出ます。
2009.04.29 Wednesday 13:42
ご友人の松田健さんが出される
「今こそフィリピンビジネス」が発売されています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4778201019/



ホームページはこちらです。
http://asiabizclub.web.fc2.com/


松田さんは23年間に渡る新聞記者(日刊工業新聞、最後の1年間は
同社編集局総合デスク)を経て95年に独立、
年のほとんどをアジア各地にいて、
現地発の経済やビジネス情報を日本の各媒体や企業に発信されています。

| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(1) | pookmark |
ワイン関係や海外投資などで著名な諸星さんが
2009.03.04 Wednesday 09:40
諸星さんの初の著書になります、

『大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術』

が4日より予約発売を開始するそうです。(一般書店販売は9日より)。

3月4日(水)18:00〜6日(金)24:00に
アマゾンキャンペーンを行います。

この機会にご購入いただけますと、
金額に換算して数万円相当の5大特典が付いてきます。

是非、この機会にご購入ください。

アマゾンキャンペーンの参加方法と購入は、コチラ↓

http://www.mshonin.com/regist/rhtcnt.asp?id=331555278623010516942



| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
3月8日はセミナーがあります。
2009.02.22 Sunday 20:43
ドバイ株の石田さんと
WALTON社木塚さんとで
円高はチャンス!先ヨミ海外投資セミナー(3/8東京)
を開催されるそうです。

場所は東京丸の内。

以下石田さんのブログよりです。

米国のサブプライム問題を発端に、世界的な金融危機が訪れた2008年。
この先どうなるのだろうか?という不安から、
周りはみんな萎縮しています。

しかし周りが萎縮しているからこそ、
一歩前に進んだ者には大きなチャンスがあり、
そして世界に目を向けると、
日本人だけに与えられたたくさんのチャンスが出てきました。

その中から選りすぐり、
今後の世界経済の動向における数々のヒントをお話いたします。
また、今回のセミナーは、
ランドバンキング世界最大手WALTON社をお招きして、
世界経済が今後どう動くのか、
みなさんとともに真剣に考えていきたいと思います。

お申し込みなどはこちらになります。

>>>>>>こちらをクリック<<<<<<<

PDF形式の詳細はこちらです。
http://www.the3b.com/witv/seminar0308.pdf


| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
ベトナム本も出ます。
2009.02.14 Saturday 00:16
ベトナム不動産に関する書籍が、パンローリング社より発売開始です。
小山貴広さんからアマゾンキャンペーンのお知らせが届いています。

2月13日(金)〜2月16日(月)まで
「アマゾン(amazon)ご購入キャンペーン」を行います。

特典もご用意しておりますので、
是非、この機会にご購入くださいますよう
よろしくお願いいたします。

「アマゾン(amazon)ご購入キャンペーン」
http://ameblo.jp/kaigaitoshi/entry-10205821309.html

表紙はこんな感じです。



小山さん出版おめでとうございます!


バンコクメトロ(BMCL)の本社は大変駅から遠い場所にあるのですが
書籍執筆の際に何度もお世話になっています。
最近地下鉄内ではパープルライン、ブルーラインの延伸計画の
コマーシャルが流れています。

数年後? 10年後かはわかりませんが、
バンコクの地下鉄もどんどん便利になって欲しいです。



 
| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
2009年度新年明けましておめでとうございます。
2009.01.01 Thursday 02:19
2009年新年明けましておめでとうございます。

2008年度日本のニュースを見ると
非常に暗いニュースが多かったのですが、2009年度の経済は
この『円高』と 『高齢化社会』、そして『国際化』を
キーワードとしてマイナスのニュースと同じくらい逆に
数多くのチャンスが生まれる気がします。

サブプライムローン崩壊は金融のプロフェッショナルが
巧妙に作り上げたものが見事に崩れてしまった大事件でした。

アジア各国の経済減速、中国の輸出減少、設備投資の手控え、
海上運賃も大幅に下がるなど成長の鈍化が予想されていますが
先進国よりは回復が早いのでは無いかと考えます。



さてこちらのワールドインベスターズTVでは
2009年1月1日よりすでに動画がUPされています。

http://www.worldinvestors.tv/movie/detail.php?cntid=326


港区の増上寺からの映像です。

タイもまだまだ政治の混乱が続くとの報道もありますが
こう言った機器やマイナスをチャンスに変えるための勉強・学習を
して次の景気好転に備えると面白いと考えています。

2009年度は
こちらの動画でも、
メルマガでも
セミナーでも
ぞれぞれさらに深い経済の話を集めていき、サービスの向上を進めていきます。

動画のワールドインベスターズTVはこちら。


過去の音声のセミナーはこちら。


| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
扶桑社さんから頂いた本
2008.12.23 Tuesday 02:02
忘年会にて扶桑社の方から書籍をいただきました。
こちらになります。




http://www.amazon.co.jp/dp/4594605893/


[ポストFX]といわれるCFDとは、
世界の主要市場で上場されている現物株・指標・債券・商品・為替など
ありとあらゆるものの取引が可能な万能型金融商品です。

今年の大ブレイク商品FX(ハイレバレッジ&24時間取引)と
海外投資(グローバル企業、金・原油など資源など)の魅力を
1つに融合した期待の商品の入門書ガイド。

管理人もこれを読んで勉強です。
しかしながらCFDを利用したタイ株投資は12月現時点では無理のようです。
シンガポールは可能だそうです。
| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう一つ11月15日には
2008.11.07 Friday 02:13
そう言えば11月15日は
ドバイに関する書籍を数多く執筆されている石田さんが
セミナーを開催します。

ベトナム株・ドバイ株・ヘッジファンドの専門家が
リアルに語る投資セミナー。
11月15日(土)13時より
TKP大阪本町ビジネスセンター ホール7A 7階

こちらが詳細です。
http://www.aru-aru43.com/formmail/oosaka.html

ちょっと管理人はバンコクなので参加できませんが
大阪、神戸などに友人がいるので紹介しておきます。
| TOSHIYUKI ABE | プレスリリース | - | trackbacks(0) | pookmark |
<<戻る 1/6 ページ 次へ>>